2013年09月24日

ラッキー 虹の橋へ旅立ちました

9月19日(木)午後4時過ぎ
病院に向かう車の中で旅立ちました。

21日午前9時過ぎに
近くの斎場で火葬を済ませました。
火葬場には、数名お友達も来ていただき、
収骨までしていただけました。

ラッキーは、天真爛漫で人懐こい性格でした。
そのお陰でご近所さんや職場も出身も住んでいる場所も違う
たくさんのお友達と出会うことが出来ました。

飾りきれないお花やお悔やみのメールや電話
本当にありがとうございました。

ずっと、そばにいるという事だけは守れたので後悔はありません。
ラッキーは、本当によく頑張りました。
楽しい思い出をありがとうぴかぴか(新しい)

2013.9.21.jpg

ラッキーとのお別れが今日だとは思っていませんでした。
たとえ、数日前に先生から
『あと数日かも・・・』と言われたとしても...

前日からまた食べることはしなくなった。
ただ、冷たい水だけは、美味しそうにガブガブ飲んでいました。

12時半過ぎ
お友達から『ラッキーの様子はどんな感じ?』
と、心配してLINEで連絡

213.9.19-1.jpg

14時半過ぎ
違うお友達から
『いいお天気だね。ラッキー、まどろんでるかな』
と。。。

2013.9.19-2.jpg


ずっと、肛門嚢炎になってから下痢が止まらない。
水分の調節もおかしくて、おしっこより肛門から。。。
体調不良でも後ろ足に力が入りにくくなっていても
ちゃんとトイレに行くラッキー。
お尻が汚れて気持ちが悪いとちゃんと教えてくれた。

毎日、肛門の消毒と食べられないので皮下点滴をしに
病院に通っていました。
この日も出掛ける準備を始め、
出掛ける前に喉が渇いただろうとお水を持って行くと
ぐったりとし、口の端に泡が。。。

『その時がきた』

と、すぐ感じました。
『その時』が来たら見守るしかないと言われていましたが、
そのままにしておけず、泣きながら病院へ車で向かいしました。

行く途中、ずっと『ラッキーラッキー』と声を掛け
助手席のラッキーを撫でながら運転しました。
あと少しで病院という頃にラッキーの熱が冷めたような気がしました。
カートから抱きかかえて診察台に乗せようとしたとき
ラッキーの舌は、だらりとしていて紫色になっていました。
その時『逝ってしまった』
と、分かりました。

病院で死後処置をしてくれました。
落ち着くまで病院にいるか聞かれましたが、
すぐお家に連れて帰りました。
ラッキーは、お家が好きだったから。

実家の兄やご近所さん、ワンコ飼いのお友達に連絡しました。
近郊に住んでいるお友達がラッキーと最後のお別れに来てくれました。
心配で我が家に泊まり込んでくれたお友達もいました。
最後まで私が寂しくないように
お友達を連れてきてくれたのだなと思いました。

火葬場にも数人のお友達が来てくれました。
最後の収骨もお手伝い下さいました。
とても晴れていて、空が青い日でした。

旅だった日は、スーパームーンと呼ばれる満月
火葬の日は、すばらしい秋晴れ
清々しい旅立ちでした。

ニックネーム izupy at 17:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ラッキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
気になって、時々ブログ拝見してました。
そっか…
ラッキー最後まで、頑張ったんだね。
いずぴぃさんの側で安心して、旅立てたね。

いずぴぃさんの気持ち思うと、涙がとまりません。

みんないつかは、虹の橋をわたる。
そのときは、虹の橋のむこうでみんなでおいかけっこしましょ!
Posted by なお あとむママ at 2013年10月05日 08:08
なおあとむママさん>
お久しぶりです。頑張ったんだけどね。
いつかは必ず、通る道なんだね。
一緒に遊んで楽しかったね。
また、いつか会えるその時まで頑張るよ。
ありがとう!
Posted by izupy at 2013年10月05日 12:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3529402
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック